定時定額サービス

定時定額サービスのポイント

  • ポイント1 毎月ご指定日にご指定金額分だけ、自動振替で購入できるので簡単・便利です。
  • ポイント2 月々1千円以上、1千円単位で購入できます。
  • ポイント3 「分散投資」+「時間分散」さらに長期的に継続することで
    価格変動によるリスクの軽減が期待できます。

時間を分散することで価格変動リスクを軽減

「ドル・コスト平均法」

金融商品を定期的に、継続して、一定の金額で購入していく投資手法です。「ドル・コスト平均法」を活用することで、基準価額が安いときには多い口数を、高いときには少ない口数を買い付けることとなり、結果として一定の口数を購入していくよりも平均買付価額を低く抑える効果が期待できます。

基準価額変動イメージ

  • ●安値で買い、高値で売ることが望ましいですが、ベストの投資タイミングを当て続けることは困難と言われます。もちろん基準価額が9,000円のときに50,000円全額購入していれば、平均購入単価は最も安くなったと考えられますが、それは後で結果を見ているから言えることです。
  • ●定時定額は、時間分散により平均買付価額を低く抑える効果が期待できると同時に、毎月決まった日に預金口座から自動振替で引き落とし、自動的に投資信託を買い付けるため、相場変動を意識しすぎて購入のタイミングを逃してしまうことがありません。
    (※預金口座に残高がない場合は、その月の引き落とし・買付は行われません。)
  • ●ドル・コスト平均法は、平均購入単価が安定することを示すものであり、相場の下落時における損失を防止するものではありません。

積立投資を長期継続した場合の運用成果

金融商品を定期的に、継続して、一定の金額で購入していく投資手法「ドル・コスト平均法」を活用することで、基準価額が安いときには多い口数を、高いときには少ない口数を買い付けることとなり、結果として一定の口数を購入していくよりも平均買付価額を低く抑える効果が見込めます。

日経平均株価が大きく変動しているのに対して、平均購入単価は平準化されていることがわかります。

お電話でのお問い合わせ・ご相談

0120-007-721

受付時間/午前9時~午後5時
(土・日、祝日、当金庫の休業日は除きます)

長野信用金庫ホームページ

  • 個人のお客さまTOP
  • 法人のお客さまTOP
  • 当金庫についてTOP

投資信託に関するご注意事項

  • ●投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • ●投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • ●当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • ●投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • ●投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
    また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • ●投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  • ●投資信託のご購入時には、買付時の1口あたりの基準価額(買付価額)に、最大3.24%の購入時手数料率(消費税込み)、約定口数を乗じて得た額をご負担いただきます。換金時には、換金時の基準価額に最大0.3%の信託財産留保額が必要となります。また、これらの手数料等とは別に投資信託の純資産総額の最大年2.376%(消費税込み)を運用管理費用(信託報酬)として、信託財産を通じてご負担いただきます。その他詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧ください。なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。
  • ●投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  • ●投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • ●投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧ください。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は当金庫の投資信託取扱店窓口等にご用意しています。
  • ●また、当資料は当金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。