• 長野信用金庫で始める NISA 少額投資非課税制度
  • 定時定額サービス ポイント1自動振替で簡単・便利です。ポイント2月々1千円以上、1千円単位で購入できます。ポイント3価格変動によるリスクの軽減が期待できます。
  • 長野信用金庫の投資インターネットサービス 店頭扱いの購入時手数料より20%割引

インターネット投信サービス

  • 初めて投資信託をご購入される方
  • 既に投資信託をお持ちの方
    • 学ぶ 投資信託の基礎知識 投資信託を基礎から学びたい方
    • 知る 投資信託入門ガイド これから投資信託をはじめる方

    投資信託について理解したら・・・

    口座開設 まずはお近くの長野信用金庫窓口で口座開設をしよう!
    投資信託口座を開設
    • 運用する コア・サテライトで運用する 攻めと守りの資産で賢く運用!
    • 見直す リバランスで見直す 資産ポートフォリオを見直す!

    長野信用金庫の投信関連サービス

    活用する

    長野信用金庫の投資信託関連サービスを活用しましょう!

    • 非課税枠の活用 NISA[少額投資非課税制度]
    • 積立方式の活用 定時定額サービス

ファンドを探す

商品一覧を見る

  • 投資対象から探す
  • 投資目的から探す
    • 国内株式
    • 海外株式
    • 国内債券
    • 海外債券
    • 資産複合
    • 不動産投信
    • インデックス型
    • 販売停止中ファンド
  • ファンドかんたん検索

    リスク お客様のニーズ 投資目的とリスク許容度 投資対象
    元本割れは避けたい 定期預金等、個人向け国債
    (投資信託での運用は向いていません)
    小 安定性重視 リスク小/リターン小
    ※元本割れのリスクも許容

    国内債券

    中 収益性重視 リスク中/リターン中
    ※元本割れのリスクも許容

    海外債券

    資産複合

    大 収益性重視 リスク大/リターン大
    ※元本割れのリスクが大きくても許容

    不動産投信

    国内株式

    海外株式

    インデックス型

長野信用金庫インターネット投信サービス

  • インターネット投信のご案内
  • インターネット投信のはじめ方

投信お役立ち情報

  • NISA [少額投資非課税制度]
  • 投資信託入門ガイド

投信関連サービス

  • 定時定額サービス
  • 特定口座

お電話でのお問い合わせ・ご相談

0120-007-721

受付時間/午前9時~午後5時
(土・日、祝日、当金庫の休業日は除きます)

投資信託に関するご注意事項

  • ●投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • ●投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • ●当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • ●投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • ●投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
    また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • ●投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  • ●投資信託のご購入時には、買付時の1口あたりの基準価額(買付価額)に、最大3.24%の購入時手数料率(消費税込み)、約定口数を乗じて得た額をご負担いただきます。換金時には、換金時の基準価額に最大0.3%の信託財産留保額が必要となります。また、これらの手数料等とは別に投資信託の純資産総額の最大年2.376%(消費税込み)を運用管理費用(信託報酬)として、信託財産を通じてご負担いただきます。その他詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧ください。なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。
  • ●投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  • ●投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • ●投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧ください。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は当金庫の投資信託取扱店窓口等にご用意しています。
  • ●また、当資料は当金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。