各種ご案内

リレーションシップバンキングの機能強化計画

長野信用金庫では、平成15年3月に金融庁が発表した「リレーションシップバンキングの機能強化に関するアクションプログラム」に基づき、平成15年度から平成16年度までを集中改善期間とする「リレーションシップバンキングの機能強化計画」を以下のとおり策定いたしました。

1.リレーションシップバンキングの機能強化計画に関する基本的な考え方

当金庫は、「健全経営に徹し、豊かな地域社会づくりに貢献する」を経営理念とし、信用金庫の地域性、専門性といった特性を十分考慮して、バランスと使命感を強く意識した事業展開により、地域社会の発展のためにお役に立つ金融機関を目指しております。

・ 健全経営を維持・強化するとともに、地域のニーズに適切に対応できる人材の育成や業務対応の高度化を進め、地域の期待に応えられる存在となることを目指してまいります。

・ 地域社会との共存を基本に、地域における情報発信基地となって相談・提案機能を充実し、経営内容の情報開示により地域とのコミュニケーションを深めてまいります。

・ 利用しやすい金融仲介機能や高度な金融サービスの提供による問題解決型ビジネスモデルの定着化により、地域経済の発展・活性化に貢献できる態勢の構築を目指してまいります。

2.機能強化計画の内容

こちらのPDFファイルをご覧ください

「地域貢献ディスクロージャー」
[areadisclosure.pdf/約433KB]